前へ
次へ

医療現場のプリセプターというシステム

どんな会社でも新人には一人教える先輩がつき、業務に慣れるまでサポートしたり見守ったり、ときに助言をします。
医療現場のナースも同じで、これをプリセプター制度と言います。
サポートを受ける新人ナースのことはプリセプティと呼ばれます。
医療現場では特に人の命がかかっているため、先輩ナースのサポートがたいへん大事になってくるのです。
よく医療ドラマでも描かれますが、看護学校や実習はきちんとこなしていても、現場でいざ患者と向き合うと自分の無力さを痛感します。
人の命とは、自分の役割とは、と価値観が揺らぎ悩むことを「リアリティショック」と言いますが、これを緩和するのがプリセプターの重要な役割になります。
必要に応じて師長やリーダーを交えつつ指導され、一人前のナースが育っていくのです。
また、プリセプターとして新人をサポートすることで、自分自身の経験を深めることもできます。
これは一般的な会社でも参考にしたいシステムではないでしょうか。

Page Top